名言

スラムダンク小暮の心温まる名言ベスト12!

更新日:

小暮

不朽の青春バスケ漫画スラムダンクの名脇役と言えばこの人、メガネ君こと小暮公延でしょう。

プレー面ではそれほど目立たない小暮だが、優しい副キャプテンとして湘北バスケ部を支えるかけがえのない存在である。

そんな小暮の心温まる名言ベスト12をまとめてみた。

スポンサーリンク

小暮の心温まる名言ベスト12

 

「ドアを全部閉めろ!!カーテンもだ!!急いで!!」

 

三井達不良が体育館に押し寄せ乱闘が始まると、小暮が乱闘が外にばれないようにすぐさま体育館の施錠を支持した。

この小暮の冷静な判断がなければ、湘北バスケ部は廃部となっていてもおかしくはなかった。

小暮のファインプレーである。


「大人になれよ三井」

小暮名言 大人になれよ

宮城に復讐するために体育館にやってきた三井に殴られ、メガネが飛んだ小暮。

普通なら激昂する状況ながら、小暮は冷静に三井に言葉をかけた。

もしかすると怪我でぐれてしまった三井の気持ちを一番理解していたのは小暮なのかもしれない。

そして、メガネを外した姿がイケメン過ぎた。


 

「夢見させるようなことを言うな!!」

小暮名言 夢..

中学時代から赤木の口ぐせ「全国制覇」をずっと聞いてきた小暮。

湘北高校バスケ部に入部した最初に三井から全国制覇の野望を聞いた小暮は、本気で全国制覇を信じて疑わなかった。

その時はまさか三井がこんな不良になるとは思わなかっただろう。

三井の才能に尊敬の念すら持っていた小暮は裏切られた気持ちでいっぱいになったのだろう。

冷静な小暮が作中で唯一熱くなった場面である。


「もしIHに行けなかったら...明日の陵南戦が最後だ」

小暮名言 あさっての

陵南戦を控えた前日に桜木と話す小暮。

高校でバスケを引退することを決めていた小暮にとっては、陵南戦がバスケ選手の引退になる可能性があった。

その覚悟があったからこそ、小暮は全国がかかった陵南戦に並々ならぬ思いを持っていたのだろう。

この名言は陵南戦で小暮が活躍するという、作者の伏線だったのかもしれない。


「あの先輩すいません...」
「バスケ部に入りたいんですけど...」

小暮名言 先輩

北村中に入った赤木と小暮の初めての出会いは、小暮が赤木を先輩と勘違い。

この時はお互いに中高6年間も付き合う事になるとは思っていなかっただろう。

小暮のまじめクン具合がすごい。


「泣かすなよ・・・問題児のクセに・・・」

小暮名言 泣かすなよ

小暮の3ポイントシュートが決定打となり陵南戦に勝利、全国大会出場が決まると、桜木花道に「メガネ君引退がのびたな」と言われ、じーんと来る木暮。

湘北のスタメンと比べると、才能という面では遥かに劣る小暮ではあるが、3年間努力をし続けた結果、最後の最後に最高の結果がついてきた。

桜木と小暮の絡むシーンは何故か、ほっこりするシーンが多い。


 

「今まで残ったのはあの時本気で全国制覇を信じた奴だけだぜ」

小暮名言 あのとき

いよいよ王者山王と対戦することになった湘北は、試合前日に山王の試合のビデオを見て自信を失いつつあった。

しかし小暮は、一年生のときに本気で全国制覇を信じた赤木、三井と全国大会にこれたのだから可能性は無限大にあると信じていたのだろう。

振り返ってみると小暮が何気なく言ってきたことは、全て現実になっている。


スポンサーリンク

「・・・2年間も待たせやがって・・・」

小暮名言 二年間も

一年時の赤木と三井はライバル心むき出しにしていて、協力プレーなど当時は想像も出来なかった。

それがこの一番大事な山王戦でやっと赤木と三井の協力プレーを見れた小暮。

待ちに待った瞬間だった。

そしてやはり赤木と三井の強力プレーは強力で、王者山王にも十分通用するところを見せてくれた。


 

「ベンチがうまく返してくれない」

 

赤木が練習をさぼった部員に制裁を下して、体育館にやってくると小暮は一人黙々シュート練習をしていた。

机をかけてリバウンドをしてもらおうとするが、なかなかパスが返ってこないと嘆いている。

赤木には「それはシュートが下手くそだからだ」と言われてしまうも、マイペースな小暮。

アメとムチの関係を象徴する名場面である。


「頼む… がんばれ 桜木がんばれ 宮城 流川 がんばれ三井 がんばれ 赤木」

 

山王戦では小暮が試合に出て活躍できるレベルではなくなっていたが、ベンチから最大限の声を振り絞った。

チームを一番に考えることができる小暮の、心の底からあふれ出た名言に感動したスラムダンクファンは多いのでは?


 

「バスケットが 好きなんだ…」

 

 


「・・・ずっとこんな仲間が欲しかったんだもんな・・・」

 

赤木は湘北に入ってからこれまでずっと自分いついてくる仲間がいなく、孤独の戦いを続けてきていた。

小暮はそんな赤木の姿をずっと隣で見ていたからこそ、赤木の心が緩んでしまった気持ちが痛いほど理解できたのだろう。

赤木を6年間見てきた小暮だからこそ出た名言である。


まとめ

スラムダンクの名脇役、メガネ君こと小暮公延の心温まる名言ベスト12をまとめてみた。

湘北のアメ役を担当する優しい名言から、熱い名言まで様々な名言を残してくれた。

才能はなくとも、「努力を続ければ必ずいいことが待っている」、そんなメッセージを小暮は私たちに伝えてくれているのかもしれない。


関連記事

 

スポンサーリンク

アニメ「スラムダンク」を無料で見る裏技とは!?

スラムダンク三井寿のベスト名言集!あきらめの悪い男!

スラムダンク桜木花道の笑ってしまう名言から感動の名言まで!

スラムダンク流川のモデルがマイケルジョーダンとわかる10コの共通点!

 

スラムダンク動画を無料で見る方法はこちら。


↓ ↓ ↓


-名言
-, , ,

Copyright© スラムダンクパーフェクトブック , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.